「 月別アーカイブ:2018年07月 」 一覧

マップクリエイターの使い方、アップル純正地図アプリ「マップ」から緯度経緯を取得する。

それでは早速マップクリエイターを使って、間接的にgoogleマップに書き込んでリンクのURLを作ってみましょう。

今回は例として、泉大津駅前のおづみん像の場所で作っていきたいと思います。

できた羊~!と言われても、北口なのか南口なのか、どこにあるのか分かりませんね。これでは「おづみん前で待ち合わせっ!」となった時、すぐに辿り着くことができません。渋谷のハチ公とは違い、マイナーな観光名所はGoogleやGoogle マップで検索をかけても場所が見つからないのです。

こんな時マップクリエイターの出番です。自分が知っている場所のwebページ化とマッ ...

no image

マップクリエイター作成にあたって留意していること。

本サービスは他社アプリとは関連の無い、個人が作成するサービスです。

作成にあたって、Google マップの規範をよく読みました。そのため、マップ埋め込み型のAPIは利用していません。地図アプリ群は凄い勢いでアップデート、乱立しているので、いずれこのマップクリエイターにあるような機能も本家に実装されるかもしれません。

そしたらマップクリエイターはお役御免になりますが、それまでは現アプリ問題点をサポートするサービスとして長い目で見て頂ければと思います。マップクリエイターが、少しでも世界の経済を流動させ、また、無用な事故を引き起こさせないことに貢献できればと思っています。

サイトの使用説明時に「Google マップへ書き込む」との表現を使っている箇所もありますが、これは実際にアプリ内へ書き込むわけでは無く、アプリへのリンクを作ることを分かりやすく表したものです。緯度経緯(plus-code)の取得にあたっては、現時点で個人が緯度経緯を参照するのは事実上アプリからしかないのでご容赦頂きたく。なにか不備や連絡事項等あればトップページのフォームよりご連絡下さい。

マップクリエイターへ ...

no image

マップクリエイターの特徴

作成したリンクは、検索サイトから誰でもアクセスができ、かつ誰でも好きなときにページを削除する事が出来ます。

アクセスが全くないページは2年で自動的に削除されるので、気軽にページを作って頂いて構いません。

年間のアクセスが多いページは、有用な情報であるとの判断から一時的に削除ボタンが無くなります。しかし、アクセス数が減ってくれば、再度削除ボタンが表示されるようになっています。

2019年1月15日、削除機能廃止。

緯度経緯の数字と、プラスコードのどちらの入力にも対応しています。

マップクリエイターへ戻る ...

有名な地図アプリとマップクリエイターの違い。地図アプリのどこをサポートするのか

最初に:この記事で言う地図アプリとは主にgoogleマップのことについて言及しています。iOS(Apple)にも、純正の「マップ」というアプリが標準インストールされていますが、「マップ」は機能が少なく、googleマップの下位互換的なものだと思っているので、あまり深く触れません。この記事の情報は2018年7月のものです。地図アプリはかなりのスピードでアップデートされているので、今後の動きによっては記事の内容と相違が出ることをご了承下さい。

マップクリエイターに一番近いGoogleマップの機能は、「マイマップ」(マイ地図、またはGoogleマップメーカー)という、自分専用の地図を作成できる機能です。マイマップに書き込んだテキストは、このようにGoogleの検索に引っかけることができます。しかし、(2018年7月現在)このマイマップ機能はスマホアプリからは利用できません。また、PCからマイマップを作成したとしても、作成画面がそこそこ複雑で、気軽に作ろうとは思えない仕様です。

マップクリエイターはこのマイマップに代わる機能で、スマホから誰でも簡単に入力でき、かつgoogleの検索にインデックスされるこ ...

マップクリエイターの使い方、パソコンから場所のコード(緯度経緯)を取得する。

それでは早速マップクリエイターを使って、間接的にgoogleマップに書き込んでリンクのURLを作ってみましょう。

今回は例として、泉大津駅前のおづみん像の場所で作っていきたいと思います。

できた羊~!と言われても、北口なのか南口なのか、どこにあるのか分かりませんね。これでは「おづみん前で待ち合わせっ!」となった時、すぐに辿り着くことができません。渋谷のハチ公とは違い、マイナーな観光名所はGoogleやGoogle マップで検索をかけても場所が見つからないのです。

こんな時マップクリエイターの出番です。自分が知っている場所のwebページ化とマッ ...

マップクリエイターの使い方。googleマップアプリから緯度経緯を取得し、googleマップに書き込む方法

それでは早速マップクリエイターを使って、間接的にgoogleマップに書き込んでリンクのURLを作ってみましょう。

今回は例として、泉大津駅前のおづみん像の場所で作っていきたいと思います。

なお、あまり地図アプリを使ったことのないかたのために詳細版の説明記事も用意しましたので、地図アプリ初心者のかたはこちらの記事も参考にして下さい。

できた羊~!と言われても、北口なのか南口なのか、どこにあるのか分かりませんね。これでは「おづみん前で待ち合わせっ!」となった時、すぐに辿り着くことができません。渋谷のハチ公とは違い、マイナーな観光名所はGoogle ...

マップクリエイターの使い方、googleマップのスマホアプリから場所のコード(緯度経緯)を取得する。詳細版

それでは早速マップクリエイターを使って、間接的にgoogleマップに書き込んでリンクのURLを作ってみましょう。

今回は例として、泉大津駅前のおづみん像の場所で作っていきたいと思います。

できた羊~!と言われても、北口なのか南口なのか、どこにあるのか分かりませんね。これでは「おづみん前で待ち合わせっ!」となった時、すぐに辿り着くことができません。渋谷のハチ公とは違い、マイナーな観光名所はGoogleやGoogle マップで検索をかけても場所が見つからないのです。

こんな時マップクリエイターの出番です。自分が知っている場所のwebページ化とマッ ...

マップクリエイターの使い方。地図に載っていない場所を追加するサービス

マップクリエイターは、緯度経緯を入力することでマップ上の指定した地点へのリンクURLを作成します。緯度経緯は、googleマップ、またはAppleのマップアプリから取得します。ご自身の機器でお使いのアプリを下記から選んで、リンクを作成したい場所の緯度経緯を取得して下さい。

 

Googleマップアプリ(アンドロイドスマートホン、またはiPhone、iPad。)

 

iOSマップ(iPhoneまたはiPad。)

 

Googleマップ(パソコン)

なお、googleマップがまだスマホにインストールされていないのであれば、Google PlayストアまたはApp Storeからインストールを行って下さい。iPhoneやiPadであってもgoogleマップをインストールすることが出来ます。

※Google EarthとYahoo!地図では緯度経緯の取得はまだ出来ないようです。

マップクリエイターへ戻る ...

no image

マップクリエイターで解決したいこと。作ろうと思ったきっかけ。

私は旅行が好きでよく遠出をしますが、車の運転ができないため電車やバスでの移動がメインとなります。旅行中に必ず困るのが「バス停の場所と路線が分からない」ということ。NAVITIMEなどを使えば以前よりはかなりどこにあるかが分かるようになってきましたが、それは首都圏や都心部近郊がメインであって、地方に行くと載っていないことも多いし、実際に地方に行くと、え?こんな路線もあったの?と驚くことも多いのです。

 

最近では、バスの到着、出発時刻が分かるアプリなども出てきましたが、そもそも乗り場が分からないと乗れませんし、乗車の際に前払いなのか後払いなのかとか、整理券は取るのか、どのICカードが使えるのかなど、その場所に付随した情報を地元の人が簡単に発信できて、且つそれをキャッチできるサービスがあれば、より地域経済が盛り上がるのではないかと思っていたのです。

関連情報:「グーグルマップ」に載るとバスは便利になる

また、旅行中は重い荷物を持ったまま移動となるので、コインロッカーがどこにあるかも気になりますが、コインロッカーについて発信しているとこも少ないです。ビジネスマンの人で ...

Copyright© IT号外 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss