「Web社会」 一覧

トップへ戻る ブログ作者について

New! YouTube切り抜き動画と動画チャプター作成について解説してみる

ひろゆき氏の切り抜き動画の流行りで、切り抜きというカルチャーが一気に市民権を得たような感じがありますね。なので今日はキリヌキとはなんぞやという事を自分なりにですが主張していこうと思います。

まず切り抜きというのが何なのか?詳細はこちらのサイトを読めば分かります。

ライブの配信ともなると、1時間2時間の長さになるのは普通で、ゲーム実況の長いものとなると3時間を超えたりします。しかしそのほとんどがゲーム内での移動だったりします。そういった無駄な部分を削り、なおかつ字幕とかエフェクトとかを付けて見やすく面白く縮めたものが切り抜きですね。要は、編集作業をタダで請け負う代わりに広告収入は頂戴よと。5ちゃんねるの本スレとまとめブログの関係に近いかもしれません。

あとは質疑応答系の生配信だと、質問ごとに動画を分割するという切り抜き方法もあります。こうするとたった1つの生放送動画が5個になったり10個になったりするので、分割された動画がお勧めに表示されやすくなる。こうなると元動画の制作者と切り抜き動画制作者の双方にメリットがあるわけです(前者は影響力、後者は広告収入のメリット)。ひろゆき氏はこのパタ ...

亡くなった遺族が利用していた各種サブスクリプションの解約ができないとのカキコを見ました

タイトルの通りですが、亡くなった遺族が利用していた各種サブスクリプションの解約ができないとのカキコを見ました。これです↓

サブスクに限らずアマゾンの定期購入とかもこの類なので、どうにかなるさと放っておけば時間の経過と共に一家の大切な財産がネットを通じて企業へじわじわと吸い取られていってしまうということになります。これは確かにテクノロジーの発展による新たな問題ですね。サブスク業者はこうなる事を見こしてサブスクを作っているフシすらあります。サブスク自体は、端末のサブスク設定画面から操作すればそこそこ簡単に解約できるっぽいのですが、そもそも端末にロックがかかってしまっていては端末操作ができないですよね。

ああ、こんな時こそライフレコーダーがあればなあ、と読んでいて漠然と思いました。

しかしご安心下さい。僕がライフレコーダーの基礎概念をブログやQiitaで公表した思惑通り、知ってか知らぬか公表後にこのロジックを使ってライフレコーダーライクなwebサービスを作った猛者が現れました。desubotというようです。

https://twitter.com/hrqsn/status/13 ...

ウィークデーリマインダーは、ホリデーリマインダーに名前を変更しました。祝日を忘れてしまう、間違えてしまう人のためのwebサービス

2021年4月1日、ウィークデーリマインダーは、ホリデーリマインダーにサービス名を変更しました。そして、サイトのURLも下記の通り変わりました。

旧URL:https://moss.world/weekday/

新URL:https://figreen.org/holiday/

よろしくお願いいたします。なお、旧ウィークデーリマインダーを使って頂いていたかたは、リマインド内容の移行やアカウントの再登録などは必要ありません。

ということで、早速このブログ内の過去の旧ウィークデーリマインダー記事を修正しようとしたところ、なんとウィークデーリマインダーを紹介した記事は書いていなかった!という事に気付いたのです!

去年まであったstartappという、webサービスを紹介出来るサービスにのみ紹介文を書いて、自分のブログでは何も紹介していなかった。。うーん、いかに当時力尽きたかが今になって思い出されます。因みにstartappはどういうわけか去年の年末あたりにサービスが無くなってしまいました。

なので改めて今回、ホリデーリマインダーとはなんぞやと、ホリデーリ ...

最近世の中で流行りのダークモード機能の搭載について。優れているのはどっちのモード!?

最近は有名なアプリケーションなら標準でダークモード機能が付いているばかりか、iOSまたはAndroidというOS単位でダークモードを選択できるというのが普通になってきています。そもそもこれはなんのためにあるのでしょうか。ただ単に意識高い系オーラをまとったり、ダークな俺かっけーと言いたいが為の設定なのでしょうか。今日はそれについて話したいと思います。

まず、自分は基本ダークモードにしたい派です。そもそも論、生物の目という器官の基礎は深海でできあがったものです。真っ暗闇の中から、なんとなく淡くぼんやり漂うプランクトンを探すためのものだった訳です。なので、目の機構的に考えれば「黒背景に白い点」をゲットするという状態が一番目に合っている訳です。ドラクエのテキストエリアを思い出して貰うと分かる通り、ゲーム業界では文字を読ませる場合は黒字に白が常識です。ちょうどこんな感じですね↓

しかしながら、人が文字を使い始めるとそうは言っていられなくなりましたね。文字や絵を書く際に使用する塗料(木の実や葉っぱ)が、白い塗料よりも赤や青や黒のほうがずっと用意しやすかったわけです。そうなると必然的に文字や絵を描くところの背 ...

動画コンテンツ無料吹き替えサービス超爆誕!のはずが・・・。ボイスー大失敗の巻!

先月の記事、ぼっちテレビがすごい、で豪語していた通り、1月の中盤辺りから音声というか言語に関するサービス制作をやってました。そんで意外にも3週間くらいで完成しました。それがこの↓

ボイスー

というサービスです。ネーミングはボイシー(voicy)からパクりました(笑)。しかし、完成後にスマホでは正常に動作しないということが判明してしまいました。制作時はずっとiPadで動作確認をしていたので気付かなかった。例のマップクリエイターと同じ流れになってしまい年ののっけから意気消沈です。。

このボイスーは、YouTubeの動画を見ながらスマホで声の録音ができるというだけのサービスなんですが、このサービスのキモはYouTubeに表示される字幕を声で発して、誰もが簡単に映画吹き替え俳優、吹き替え声優になれるという体験ができるというところにありました。

しかし、スマホでYouTube埋め込み動画を表示すると、埋め込みフレームの右下にある歯車アイコンがどうやっても表示できないと言うことが作った後に分かりました。この歯車アイコンが出ないと、字幕の言語をユーザーの母語へ切り替えることができない。 ...

LINEモバイルがソフトバンクの料金プランの1つになってしまう?新規ユーザー受付停止の真相と受付再開時期について聞いてみた!

2021/02/01   -Web社会, 日本の社会

昨今のこの群雄割拠、生き馬の目を抜くがごとしの通信業界において正に目を疑いたくなるようなニュースが飛び込んできました!

それは、LINEモバイルは新規のユーザーを今後受け付けないというものです。

いや、こうなってしまっては、自分は今年の十月にauの二年縛りが切れる時にナンバーポータビリティを使ってLINEモバイルへ転入を予定していたのに、何をそんな急に発表しているのか!?そこのところをLINEモバイルに問い合わせてみましたので、問い合わせの共有をしたいと思います。

Q, au(または他のキャリア)からのMNP転入(ナンバーポータビリティを使っての移行)は新規受付に該当しますか?
A, MNP転入もLINEモバイル回線の新規申し込みとなりますので、2021/03/31で申し込みを終了とさせて頂きます。

Q, 新規申し込みの再開時期はいつですか?
A, 新規申し込みについて、2021/03/31以降の再開の予定はございません。

Q, なぜ新規申し込みの停止に踏み切ったのですか?
A, LINEモバイルのソフトバンク株式会社への完全子会 ...

【過去記事】最強の迷惑メール撃退方法

この記事は2013年11月17日に書かれたものです。IT号外の前のブログに書いていたものです。

いくらフィルターを設定してガードしても、いくらドメイン指定して退けようとも、それらをくぐり抜けて執拗にあなたの目に届こうとするスパムメール!今日はそんなうざい迷惑メールの悩みを、一気に解消するウラワザをご紹介しちゃいます!

その裏技とはずばり、

「迷惑メールが届くフォルダの名称を、自分の好きな人の名前に変更する」

というものです!

こうすればあら不思議!あんなに嫌だったスパムメールの到着を、気づいたら待ちわびている自分がいます。

虚構とはいえ、憧れのあの人から毎日メールがたくさん届けば毎日をモテ期気分満々で過ごせます。さらに良いことに、内容はなかなかエロいものばかり。

コツとしては、本文を読まずにメールのタイトルだけを読んで楽しむことです!是非トライしてみてください! ...

ぼっちテレビがすごい!自動音声翻訳、吹き替えの技術がこれから発達してくるかも?

落合陽一がいつもの落合ブシで正月の特番でspeech to text webcam overlayをドヤ顔で紹介していたのでプチイラっとしてしまいましたが、逆に言うと彼が注目しているものと僕が注目しているものが同じだったので、図らずも自分に自信が持てた正月でした。

そんなわけで、ライフレコーダーもボツになってしまったので、まあ2021年は小説でも読みながらのほほんと過ごそうと考えていたところ、食っちゃ寝食っちゃ寝の寝正月を送っていたら、突然ズンバボーン!とデフォルトモードネットワーク的アイディアが降臨した訳です。

それは、動画音声の自動翻訳吹き替えについてのアイディアです。これについて調べてみると、まずぼっちテレビ(votch.tv)というサイトが出てきました。

https://votch.tv/watch/1zDH6dkS3plEzzDGTONH

アップした動画の言語音声を自動的にソフトウェアで別の言語に翻訳&吹き替えするらしいです。アメリカで作られているようで、元の言語の初期タブが微妙に間違っていたりと、なかなかアメリカーンなデザインセンスです。

インドの ...

NewsPicksの月額有料料金コースは高い?安い?そこを判定する基準とは

2019/02/18   -Web社会

ニュースピックスという最近流行のニュースアプリがあります。とても質が高く、色々な識者がニュース1つ1つに対して意見を述べています。また、オリジナル動画も充実しており、なかなか情報精度の高い情報を発信していて、会員数も大きく増加傾向にあるようです。

そんなニューズピクスですが、非課金だとニュースのさわりの部分しか読めません。掲載されているニュースを全て読みたい場合や、動画を見たい場合は有料会員となり、月額1500円を払う必要があります。これは高いと思いますか?低いと思いますか?

正解は、この1500円、高いと思うのならNewsPicks内の情報は、自身の生活においてあまり活用できない段階にあるのでしょう。なので、節約して1500円払ってもそれほどニューズピックスアプリの恩恵は受けられないのでは無いでしょうか。

反対に、安いと思うのなら、それなりのステージに来ているはずなので、会員になる価値はあると思います。まあ個人的には、千円以下のコースを作って、動画オンリーとか、テキストオンリーでプランを振り分けて欲しいところです。 ...

総務省、自宅や会社にあるルーターやモデムに無差別介入し調査へ。入ってこられないようにするための対策はあるのか

2019/01/28   -Web社会, 日本の社会

サイバー攻撃対策の一環として、総務省は家庭や企業にあるインターネット家電などのいわゆる「IoT機器」に無差別に侵入して対策が不十分な機器を洗い出す、世界でも例のない調査を行うというニュースが発表されました。

ソース
http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/54791074.html

今日はそれらの対策や防御方法、対抗策、回避策についての記事です。解決策。

恐らく国は、初期設定になっている機器を特定し、犯罪行為の片棒を担ぐのを防ぎたいのでしょう。

なので、光通信のモデムやルーターのパスワードを変更する必要があります。

で、一体どうやって変更するのかというと、実はモデムやルーターには、機器の中に専用のホームページが入っています。そこにアクセスして変更をします。

どうやって機器内に保存してあるページにアクセスするのかというと、大体は

http://192.168.1.1/

という内部的なリンクでアクセス出来たりするんですが、これは製造しているメーカーによって違うので、設定画面にたど ...

ペイペイ(paypay)のキャンペーンって何がお得なのかしらん

2018/12/10   -Web社会

ペイペイという中国の電子マネー決済方法がいまネットで話題になっている。これの詳細は、このペイペイで購入金額を支払うと、(上記の画像を見て貰うと分かる通り)購入額の20%が還元されるというものらしい。そして、極々希にランダムでユーザーが選ばれ、全額が返金になるというケースもあるようだ。(因みに上記の画像はネットにあったもので、私が商品を購入した訳ではない)

 

で、このキャンペーンについて考えてみた。まず全額が還元されるパターンについては、相当当たる確立が低いと思われるので除外するとして、問題はこの20%還元というやつである。

この20%還元というやつが「現金で」もどってくるならまあ有り難いとは思うが、画像を見れば分かる通り「paypay残金」として戻ってくるのである。戻ってきた残金はpaypayアプリを使っての購入しか出来ないのだ。

なので、ペイペイが使える店というのはまだそんなに多いわけじゃないから、戻ってきたペイペイ残金はファミマとかでちまちま使っていくか、もしくは家電量販店で数千円~数万くらいのものを追加で購入するみたいな使い方しか思いつかない。 ...

Tverの存在価値って何?Tverを使ってみた感想、評価

見逃した番組をあとで視聴できるアプリとして登場したTverですが、

 

全局合わせても一日のうちにアーカイブされる番組は11番組だけのようです。普通の人なら録画する機器を持っているでしょうし、これって意味あるんでしょうかね。まあ自分は録画する機器を持ってないですが。 ...

「コメント欄」は本当に捨て去るべきシステムなのか

コメント欄システムが時代の先端を行っていたのは遠い昔。今ではコメント欄は廃止するか否かの議論の的になってしまっているようです。

 

実際先ほどヤフーニュースのコメント欄を見に行ったら、facebook経由でのコメントに変わっていました。今日は自分が思いつくコメント欄システムの改善改修方法を挙げてみようと思います。 ...

Copyright© IT号外 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.