ITの小技 ライフハック

紙の本を電子書籍化して、スマホやタブレット端末で読む方法

更新日:

紙の本を電子書籍化して、スマホやタブレット端末で読む方法をネットで調べると、ン万円もする高額なスキャン機器を使った記事ばかりが出てくるので、ここらで自分がやっている方法を書いておく。

自分が使っているのは、未来BOOKという、自炊代行業者を利用する方法だ。ここに紙の本を郵送するとPDFデータにしてくれる。

まず、未来BOOKのweb上で申し込み、発送の手続きをすると郵送する住所がメールで送られてくる。

送り方は自分で封筒を用意したりしてでなんでもいいが、便利なのは郵便局にスマートレターという送料込みの厚手の封筒(180円)があるので、それにしている。

自炊にかかる料金は、コースにもよるが確か一冊につき200円くらいだったと思う。

完成したPDFデータは郵送で送られてくるわけでは無く、ネットでダウンロードする。

なお、1点注意したいのが郵送した紙の本は、PDFデータ完了後、自炊業者側で破棄されるということ。

 

で、この送られてきたPDFデータをkindle端末で表示させてみたところ、自分的にはしっくりこなかった。というのも、自分が紙の本を電子書籍化する理由は、文字を大きくしたいからなのだ。

PDFデータをkindle端末で表示させたら、ほぼ紙の本と同じサイズかもしくはそれ以下のサイズになってしまい、わざわざ時間と送料をかけて電子書籍化したのに意味ないじゃん。とがっかりした。(kindle端末はテキスト以外のデータ形式は拡大にめっちゃ時間がかかるから拡大もまず無理)

しかし、その数日後、iOSやアンドロイドOSなどの端末に、アクロバットPDFリーダーのアプリをダウンロードし、そのアプリで開けば拡大や縮小、ページめくりなどがスムーズに行くのではないかと思い、自分のiPadでやってみたところ、今度は成功し、大きな文字で読む事が出来た。

この方法をとれば、紙の本を全て画面上で見ることが出来るので、ある意味でアマゾンとかに売っている本全て、kindle版のあるなしに関わらずスマホ(タブレット)で読めてしまうのだ。

トップページへ戻る

-ITの小技, ライフハック
-

Copyright© IT号外 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss