ライフハック

梱包材が無い?アマゾンやヨドバシなどのネットショップ注文時、ダンボールに入っている空気の緩衝材、sealed airが簡単に自作できることに気付いた

投稿日:

昨今ではネットの発達などにより簡単な荷物を宅急便で発送するが増えてきました。しかし発送時に困ってしまうのが、荷物の隙間を埋める「緩衝材、梱包材」の存在です。

昔では新聞紙や広告の紙がよく使われていましたが、最近では新聞会社と契約を解除して家に新聞紙が無かったり、広告用紙もオートロック式マンションにお住まいの方は広告がポストに入ってこなくなっています。

なので、プチプチなどの緩衝材が手に入らなくて昔より手惑うことが多いのではないでしょうか。そんな時のために私が気付いたことを紹介させて頂きます。

アマゾンやヨドバシ、ヤフーショッピングや楽天で買物をしたとき、送られてくるダンボールの中に最近よく入っているビニルの空気の塊、エアーバッグのようなものがあります。

表面にシールドエアーと書いてあります。これは前々から便利だなーと思っていました。

新聞紙や広告をまるめたやつを一緒に入れると、ダンボールを開けたときに、郵送物がなんかゴミの中に埋もれているような気がしてあまり良い気がしません。自分の子供に、田舎で採れたものを送るとかだったら別に新聞紙でも問題無いと思いますが、例えばネットショップとかだった場合、自社の商品がゴミに埋もれて届いたような感じがしたら、自社ブランド確立という点ではかなりマイナスだと思います。

そこでプチプチの登場となりますが、プチプチは平面状なので意外と多く入れないと隙間を完全に埋められないというのは、荷物を送ったことのある方だったら記憶にあると思います。また、プチプチは100均(ダイソー)にも売ってますが、量を揃えるとなると意外と出費がかさみますよね。

そういう意味でこのsealed airっていいなあと思っていましたが、一体このsealed airはどこで売っているんでしょうか?外国製?当然100均にもないし、購入するとなるとなんだかオタカソウですね。

そこであるとき閃いた!

スーパーで買ったものを袋詰めするゾーンに、シールドエアーに似たシロモノがあるということを。

はい、肉とか生ものを入れる際、水滴とかが袋内で垂れないようにするためのただのペラペラビニル袋ですね。一般的にはスーパーに置いてあるときはトイレットペーパーみたいにロール状になっているあれです。肉売り場とか魚売り場にも設置されていますよね。こいつでどうやってプチプチの代わりにもなるsealed airを作成するのかと言いますと、

口で膨らまして結ぶだけです。口と指があれば作れます。そして、結構占有できる面積が大きいし、空気の多寡によってサイズ調整ができる。見た目も汚らしくありません。尖ったものに当たらなければまあまあ丈夫。何より嬉しい無料!

こんな風に、絵を描いたりシールを貼ったりしたら、荷物が送られてきた人の心もちょっとほっこり?カスタマイズできるのもいいところですね~!重たいものに入れるときは二重構造とかにするという手もあるかもしれません。

何にせよ無料ということもあるので、ビニルを置いているお店側にはあまり迷惑がかからない範囲で、常識の範囲内で頂戴するよう心がけてくださいね!

 

トップページへ戻る

-ライフハック
-, , , , , ,

Copyright© IT号外 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss