仕事、雇用、労働 持続可能な世界、SDGs 日本の社会

コロナウィルスのワクチン摂取について私見を述べようかと思います。covid-19ワクチンを接種しない理由

投稿日:2021-06-28 更新日:

昨今、徐々に話題になってきたコロナのワクチン摂取について、早々に自分で考えたことをまとめたいなあと思ったので急いで書きました。別に反ワクチン派の意見主張という訳では無く、打ちたい人は打てばいいというスタンスで、あくまで自分は論理的に考えたいので、迷っている人の参考になれば幸いです。

まず、昔から人は言葉が持つパワーに非常に引っ張られやすいところがあります。正社員とか大卒とか。ワクチンという言葉も何か万能薬的な響きを醸しだし、そういったイメージに引っ張られてきている人が増えてきていることに警鐘を鳴らしたい。

ワクチンを打つ派の人の意見を聞きました。この人達のメリットは、マジョリティ(大多数)に属せることだといいます。万が一なにか副作用とかの問題が起きたとしても、マジョリティであるからこそ対応策が早くでるし、対応策のパターンも充実していくから、メリットがあるじゃないか、ということです。あとは日常生活で海外に行く必要がある人ですね。

ここからは私の考え。まず、60歳以上の人がワクチンを打つことについて、これには賛成です。なぜなら日本の平均寿命は80歳前後だし、ぶっちゃけ65歳以上の人が打っても製薬会社のアーカイブ(ビッグデータ)にはほとんどならない。しかしながら59歳以下の人は、今後10年~20年の間にほぼ間違いなく新型コロナの次のパンデミックと遭遇する訳です。今40代の人ならば、少なくとも2回。多くて4回。この点について言及している専門家の人は少ない。アデノウイルスやライノウイルスも含めるとほぼ無限回の接触。そうなってくると打つ打たないの問題ではなく、何歳の時にmRNA型ワクチンを打つかが重要になってくるので、年上の人が打っているからという理由で若い人が打つと、事態はますます混沌としてしまう。結局この論争がディスカッションを形作れないのはデータそのものが無いから。自分の過去の肌感覚で未来を想像しないとならず、みんなが予言者として、自分がした予言が最高なんだー!と言い合っている。でもそうじゃなく、今生きている我々自身が、50年後100年後の子孫達がする議論の素材にこれからなっていくのだ。以下箇条書き。

メッセンジャーRNA型ワクチンの治験終了日が2023年5月。10年以上も市場に出回るのを禁止保留されていた。

抗体依存性免疫増強(AED)。アナフィラキシーショック。例えると、ハチに二回刺されると二回目がやばいと言われているように、一回目をワクチンという名目で自分の意志で打って残機減らして大丈夫か?今後発生するウイルスがmRNAやspikeタンパクを利用しないとも限らないのに。hyper immune response, hyperactive immune response.

現在(2021年6月の日本)のワクチンは2020年の5月6月近辺の初期の頃のコロナをベースに作られたもので、今後主流になるであろうデルタプラス株やラムダ株とはほとんど別物。感染力が高まるということは逆に毒性は弱くなるということ。

もしワクチンを打ってこの先何か大きな問題が起こっても、当然ニュースなどでは副作用が大きく報道されることはない。ファイザーの副社長が解任されている。現代の医療は進んでいると言うが、それはリアルタイム対処分野の話しで、過去方面に目を向けた途端大体「因果関係が特定できない」となる。ライノやアデノが何年に打ったワクチンと相互作用しているのか、そういった問題の因果を正確に検知できる力がまだ人類にはないのである。

現在のワクチンの効果持続期間は半年間のみ。熟考なしで打てば半年に1回のワクチン接種を一生強要されるようなことにも繋がる。当然有料。もしそうなったら、強制で打たせた会社はこの先全社員分の一生分のワクチン代をまかなえる体力ある?免許証の更新みたくワクチンパスポートの更新頻度は分かってる?更新料はいくら?有料で受けられるならまだいいほうで、これから先も日本政府は世界のワクチン獲得競争に競り合っていける?確保できなかった場合、キラーT細胞とspikeタンパクの関係性はどうなる?

東京や大阪、福岡等の都市部や観光地以外に住んでいる人、また海外に行かないのであれば感染する確率は極めて低い。日本人の99.8%はコロナに感染していない。また、飛沫感染よりも接触感染のほうが感染する率は高いのではと指摘されている。

ワクパスだなんだ言うけど、そもそも昨日今日できたザル制度に対して38億年も使っている生命という高度なシステムを泣く泣くダウングレードする価値はあるのか。

ワクチンを打っても普通に感染するし、感染後は他人へもうつる。感染拡大防止のテイを装いながら、実のところは供給される労働力の質を落としたくないという経営者の御為ごかし。

厚生労働省のホームページでも、ワクチン接種で副作用がでる人は少ないと記載されているものの、長期的な視野に立つと何が起こるかは未だ不明と書かれている。

とまあこんな感じなんですが、これを書いてて一年前のある出来事を思い出しました。コロナだコロナだと日本中が慌てふためいていたときに、国民、というか主に立場が上の方の人達がこぞって次亜塩素酸ナトリウムだの次亜塩素酸水溶液、オゾン発生装置だのに飛びつき、もくもくとしたケムリが職場に立ちこめるという事例が相次ぎました。その結果、のどや胸に違和感を感じる人が大量に現れ、今ではそういった次亜塩素なんたらは見向きもされていません。彼らにとってみれば人の健康よりも、対策をしているというポーズをとることが最も重要なのです。もうお分かりですよね。

つまりまとめると、ぶっちゃけmRNAのワクチンは長期的なデータに乏しく、長い目で見たときに良い効果が出るか悪い効能が出るか丁半博打の神のみぞ知る世界なので、日本お得意の「自己責任でー」というシロモノなのです。あくまでも「今だけを乗り切る」ツール。そんな感じで打っても打たなくてもそれぞれにリスクがあるならば、自分としては、完全にコロナ変異株に対応したワクチンができ、且つ安全性も立証された上で打っても遅くはないし、意味もないのでは無いかなあという立ち位置です。願わくばこのワクチンの話題こそ、いわゆる政党や宗教の話題みたいに日常会話でタブー視されるべきテーマなのではないかなあと。

ソースはYouTube。一応貼っておきますので、ご自身の判断に任せます。

ファイナルファンタジーで例えるなら、MPをめっちゃ消費するシェルってとこですね。プロテスではなくシェル。まあ全員強制摂取だのと後先考えないことをやっている組織は、ちょっとでも何か体調不良が起こったときに訴訟されて、莫大な生涯賃金をふんだくられるリスクを常に抱える状態になっちゃうねぇ。新ジャンル、ワクチンの当たり屋。こりゃあ揉めるゾ~

-仕事、雇用、労働, 持続可能な世界、SDGs, 日本の社会
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© IT号外 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.